亜希編集局 *^^*

アクセスカウンタ

zoom RSS サックスリサイタル★ハバネラ サクソフォン・カルテット&平野公崇 リサイタル

<<   作成日時 : 2018/10/24 23:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

第35回 ワンダフルoneアワー
ハバネラ サクソフォン・カルテット&平野公崇 リサイタル
行ってきました!
サックス。カルテットの演奏会。
めっちゃ久々!!!

ハバネラの演奏は初めてだったのですが、一番はじめに音が会場に響いた瞬間、「やばい!」ってすぐ分かりました。
今回の会場となったHakuju Hallも、ほんとにサックス四重奏の為に作ったのか!って位ぴったりな会場だったのですが(笑) 、倍音がふわっとぐわっと体を包み込む感じで。
サックスを、4本同時に吹く良さはこれ!みたいな音でした(笑)

ハバネラって、こんなコンセプトです。
こんな音楽が、音色がハバネラです。

というのが徹底していて、4本のサックスというより…
巨大な一本のサックスの管が一人でさまざまな音程とリズムを紡いでるみたいな感覚。

これは、私も大学で専攻していたにもかかわらず、一度も耳にしたことがない音色でした。

学生時代に目指してた音はまさしくこれで、間違ってなかったんだ!と一人納得しながら感動しながら客席に佇んでおりました(笑)

後半から平野さんも交えた5重奏というなんとも贅沢な構成。
人柄も楽しく面白くウイットに富んでいて、サックスの音色や歌い方にもそれが溢れ出ておられました。

平野さんのソプラノの音色を聞いた時、「あー。この方のアルトの音色も聴きたいなぁ、きっと素敵なんだろうなぁ」って思ったんですが、何とアンコールでアルトの音色も聞かせてくださり、もう何とも言えない120点な展開に!!(笑)

平野さんが、ハバネラの事をライバルとしてではなく、ファンとして楽しもうって思った瞬間に世界が変わったとおっしゃっていましたが、ほんとそうだなって思います。

まじめにサックスのプロになるべく勉強として演奏会に出向いてた時にはこんな楽しみ方は出来なかった。

業界を離れたからこそ楽しめる、見えてくるものって、びっくりするくらい沢山あります。

またサックスが大好きになったし、本物のサックスを生で聴くことができて私の耳は一歩成長しました。

何かを手放したように見えても、必ず何かを得てるんだと思います。
物とか地位とかではなくて、絶対得られなかった感覚を得たり、変えられなかった自分の標準をアップデートできたりという事。
これ、どんだけお金出しても手に入らないもんね。

また一つ、新しい自分の感覚に出会えた素敵な夜でした。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
かわいい
サックスリサイタル★ハバネラ サクソフォン・カルテット&平野公崇 リサイタル 亜希編集局 *^^*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる