暗闇で聴く、感じる舞台【暗闇演劇】

20191003_234106.jpg
大川興業 第43回本公演
暗闇演劇「Show The BLACK」
行ってきたよ!
暗闇、演劇?
そう、その名の通り、暗闇で繰り広げられる演劇なんです。

最初から最後まで、真っ暗な中で進む舞台。
何をしてるのか、視覚では全く追うことが出来ないのですが、気配と音で確かに役者さんは動いている。
走っている。
叫んでいる。
泣いている。
笑ってて、
殴り殴られ、
○○したりしてる!

いつもの舞台と違うのは、ただ暗転で繰り広げられる舞台であるということ。
それだけ。

こんな舞台を実現できるのは、大川興業さんだけです。

まだ体験したことがないかたは絶対見てほしい舞台。

とにかく、暗すぎて自分が目をつぶってるのか開いてるのか分からなくなるくらいなんです。
そんな状態で二時間。
ちょっと感じたことがない感覚に陥ります。


今回は、ホントに心に刺さる内容で、見終わって数時間たった今も、実はまだ色々と整理がついてない状態です。
衝撃的だったなぁ。

ネタバレになるので詳しくは話しませんが、最後に心が割れそうになる展開でした。

ピンチはチャンス。
誰もが生かされているということ。
そして、その生は、たくさんの人たちによって大切に守られた上に成り立っているということ。

そんなことを強く感じました。

そして、現実世界で見てる色んなモノや、それに対する自分の解釈や尺度は、実は正解じゃないのかもしれないってこと。

人それぞれに解釈や正解があるから、正はひとつではないってこと。


正はひとつではない。
生は一人ではない。

一人っきりで完結できるものなんて何一つない。
命は他者が差し出す無数の糸の上に成り立ってるもので、自分一人のものではないって事。


んーーーー、言葉にすると難しいけど、すごく高貴なものを感じました。

これはほんとに、見てもらわないと分からないんだよおおおお!
お時間あれば是非、ほんとに下北沢スズナリに、お運びくださいね!


いやー、まだ余韻が、、、覚めない、、。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0